留学、短期留学、海外留学、語学留学、英語学習、英会話必ず成功させる秘訣がある!

海外安全対策・危機管理マニュアル
海外に出ればあなたは既に犯罪の『的』なのです。体験談を元に書いた「犯罪に巻き込まれることなく、海外を満喫する方法と対処法」
kaigai_anzen
使える英語で留学を制する「英語のツボ」
ネイティブに通じない英語はもういらない!著者のたたき上げの英会話と洗練されたTESOL(英語教授法)で爆発的に英語を伸ばす!無料サンプル配布中!
www.eigonotsubo.com
ノートテイキングとライティングスキルの決定版
これでつまづく留学生は無数。正規留学、特に大学留学に必要なノートテイキングとライティングのスキルを今すぐに自分の物に!
www.junquito55.com
【TOEIC新形式対応】100アップ・チャレンジプロジェクト
プロの英語コーチが一人ひとりの目標達成のためのプランとその実行を直接サポート。そんなTOEIC対策が格安で受講しよう!
www.english-box.com
学校に入金→証明書の取得→ビザの申請


  学校からの入学許可がないとビザ申請できませんからね。気をつけましょう。学校に入金を自分ですると言うことは、学校を既に選んでいると言うことですよね。


  語学学校選びでも申し上げましたが、資料を集め、インターネットでさらにピンポイント(学校ごと)に調べる。そうする事によって、自分に合った(この時点では合っている「だろう」ですね)学校を絞る。


  で、手紙を書きましょう。っていうか、メールですね。何をするのか?
  直接資料を送ってもらうんです。やっぱり現地直送が良いです。

  ここから---------------------------------------------
  To whom it may concern
  My name is あなたの名前. I'm very interested in your school.
  Could you please send me a brochure of your school?
  
  Sincerely yours,
  
  あなたの名前
  ---------------------------------------------ここまで
  で、相手方からの返事を待ちましょう。
  返事が来たら、
  
  ここから---------------------------------------------
  Dear Mr (かMsですね)
  Thank you very much for your reply.
  Could you send me your brochure to あなたの住所?
  I am thinking to go there next summer.
  Do you think the fee will go up?
  
  Sincerely yours,
  
  あなたの名前
  ---------------------------------------------ここまで


  難しくないでしょう?


  ちょっとした形式があるので、難しそうですが、書いてしまえば簡単です。  2回目にメールする時は、相手の名前が分かっているので、Mr. とかMsとかつけるといいですね。


  Msは相手が女性と言うは分かっているのですが、MissかMrsかわからない。そういうときに使います。私はいつもMsを使います。

  2通目の「I am thinking to go there next summer. Do you think the fee will go up?」は、 『来年の夏にそっちに行こうと思っているのだけども、学費はあがるでしょうか?』ってな事です。こういうことを聞いていても良いですね。


  さて、こういうやり取りの後に、いよいよ学費を払います。今は大体クレジットカードです。インターネットで。


  しつこいようですが(笑)、本当に下見はした方が良いですよ。メールのやり取りから相手の対応が伝わってきますから、判断できるかもしれませんが、所詮、判断材料にしかなりません。やっぱり後悔したくないのなら、現地入りした方が良いです。学費も馬鹿になりませんからね。


  格安チケットとは、こういう時のためにあるのです!チケットをタダにする方法 (http://mote-ryu.com/recommends/kaigaitada/)は、クレジットカードを持っている人は必見です。


  で、下見をしにいくとしましょう。当然何校か見て回って決めます。そうする事によって、本当に自分が望んでいる学校かどうか確かめる事ができます。


  で、ここで手続きをしても良い訳です。しっかりキャンセルの話も聞いて。行く学校が決まれば、いつ手続きしてもいいわけですけどね。


  もし、下見に行ってそこで手続きをすると、入学許可書も貰えますからね。一石二鳥。下手をすれば、ホームステイまで見せてもらえるかもです。


  と言うか、どうせ下見をしに行くのならば、ホームステイを見せてもらいましょう。また、実際に通っている学生さんに聞いてもいいですよね。


  入学許可証は、授業料を支払わなければもらえません。大学や大学院の場合
は、入学が許されるのが先ですので注意してください。

特別 オンライン無料セミナーにはもうお申し込みされましたか?
留学を考え始めたばかりの人:
     留学の全貌が見えるようになります!
留学準備をしている人:
       さらにあなたの留学が完璧なものに
                    なるでしょう!
1. 留学の全貌
2. どんな留学があるの?
3. あなたにあった留学形態は?
4. 自力留学 VS 留学会社 その1
5. 自力留学 VS 留学会社 その2
6. 留学の具体的な流れ
お名前
メールアドレス

ページトップに戻る