留学、短期留学、海外留学、語学留学、英語学習、英会話必ず成功させる秘訣がある!

海外安全対策・危機管理マニュアル
海外に出ればあなたは既に犯罪の『的』なのです。体験談を元に書いた「犯罪に巻き込まれることなく、海外を満喫する方法と対処法」
kaigai_anzen
使える英語で留学を制する「英語のツボ」
ネイティブに通じない英語はもういらない!著者のたたき上げの英会話と洗練されたTESOL(英語教授法)で爆発的に英語を伸ばす!無料サンプル配布中!
www.eigonotsubo.com
ノートテイキングとライティングスキルの決定版
これでつまづく留学生は無数。正規留学、特に大学留学に必要なノートテイキングとライティングのスキルを今すぐに自分の物に!
www.junquito55.com
【TOEIC新形式対応】100アップ・チャレンジプロジェクト
プロの英語コーチが一人ひとりの目標達成のためのプランとその実行を直接サポート。そんなTOEIC対策が格安で受講しよう!
www.english-box.com
大学・大学院選び


  本日は大学と大学院のお話をちょっと。といいますのも、大学と大学院選びの質問を最近よくされるのです。ですので、留学全般のお話を大学・院のお話に当てはめてみたいと思います。


  みなさん、留学先を決定する条件はどんな条件でしょうか?

  * 場所  
  * 資金


  上記の2つが大体メインですよね。人によってどちらが優先されるかは違います。


  「どうしてもアメリカに行きたい!」と言う人は、アメリカに比べて生活費の安いニュージーランドには行かないでしょう。


  また、安さ重視の人は、上のケースとは全く逆ですね。「生活費が掛かるアメリカよりニュージーランド!!」ってなります。


  *当然、物価は田舎、都会、または、為替によって変動します。一概にどこどこが安いとは言え
なくなってきましたので、リサーチ力をつけましょう。


  さて、大学・院もそうなんですが、1つ項目が増えます。

  * 学びたい学問 (学部・科目)

  これが留学先決定をややこしくするんです(笑)
  大学・院希望の人も、基本は、

  * 場所
  * 資金


  ここを重視したいのは分かるのですが、1つ項目が増えてしまうばっかりに、ややこしくなる。


  滞在期間、大学や大学院留学には、2年以上は必要と言うことですからね。もちろん、例外はあります。1年や1.5年で取れるMBAもあるようですから。

  * 場所: 行きたい大学・院 
  * 学びたい学問: (学部・科目)
  * 資金


  こいつらが複雑に絡み合って、みなさんの判断を鈍らす。ちょっと考えて欲しいのですが、日本にいる時にそんなに悩むでしょうか?悩まないと思うんです。

  この大学しか行かない!
  お金ないから国立だけ!
  近いとこならどこでもいい!

  って、何かしらはっきりと理由があるんですよね。海外だと勝手が分からないし、どこの大学が良いのか分からない。全てはネットと取り寄せた資料で決めるしかない。


  どうしても行きたい大学がある場合、そこの大学に行くために、何をすればいいのかわかりますよね。それを徹底的に調べる。

  「どうすれば、その大学に入学できるか?」これがキーです。


  どうしてもやりたい学問がある場合は、その学問がある大学を探す。そうするともちろんたくさん出てきます。ここで、あなたの優先順位で決まります。

  * 場所 
  * 資金

  どちらかで決まります。

  お金が無い場合は、まず、奨学金を洗ってみる。奨学金も色々あります。

* 日本で受けるのか?
* 大学側の資金援助を受けるのか?


  日本で受ける場合は、アメリカならフルブライト奨学金が有名です。育英会もありますよね。で、Googleで調べた結果です。⇒ http://mote-ryu.com/recommends/0070/


  奨学金で調べました。みなさんは、学校側からの奨学金や授業料免除をあまり考慮してないのかな・・・これは大事なところです。私も授業料を最大1/6までカットしてもらいましたから。インディアナに来る前のウェスト・バージニア大学です。


  大学のホームページなどに行くと「Financial Aid」と言う欄が必ずあるので、そこ絶対にチェックしましょう。または、「International Student」の所にあるかもしれません。


  もし見つかりにくいようでしたら、「Admission」にメールしましょう。
  -------------------------
  To whom it may concern:
  My name is あなたの名前.
  I would like to know if you have some kind of financial aid such as scholarship,
tuition waiver and so on for international students.
  
  I am looking forwards to hearing from you.
  
  Sincerely yours,
  
  あなたの名前
  -------------------------
  とかです。


  また、行きたい学部が決まっているのならば、学部宛に送るのが一番良いです。学部に送る場合は、上の例文のtuition waiverの後に「teaching assistantship」を書き加えてください。


  何でも分からなければかったら聞くしかないです。学部にメールをすると、学部の特色なども突っ込んで聞けるので良いですよね。


  どこの大学が良いのかと言うのは、実際行ってみないと分かりません。前述しましたが、やはり、絞るだけ絞って後は見に行くしかないです。


  学校の雰囲気なんかも伝わってくるでしょうし、実際にどんな場所にあるのか分かります。


  まずは、自分が何を優先するか?それからが始まりです。


  英語圏の中であなたが行けない大学は「ない」です。可能性は自分で広げることも狭めることも出来ます!あなたには自分の可能性を広げて欲しいです!!

特別 オンライン無料セミナーにはもうお申し込みされましたか?
留学を考え始めたばかりの人:
     留学の全貌が見えるようになります!
留学準備をしている人:
       さらにあなたの留学が完璧なものに
                    なるでしょう!
1. 留学の全貌
2. どんな留学があるの?
3. あなたにあった留学形態は?
4. 自力留学 VS 留学会社 その1
5. 自力留学 VS 留学会社 その2
6. 留学の具体的な流れ
お名前
メールアドレス

ページトップに戻る