留学、短期留学、海外留学、語学留学、英語学習、英会話必ず成功させる秘訣がある!

海外安全対策・危機管理マニュアル
海外に出ればあなたは既に犯罪の『的』なのです。体験談を元に書いた「犯罪に巻き込まれることなく、海外を満喫する方法と対処法」
kaigai_anzen
使える英語で留学を制する「英語のツボ」
ネイティブに通じない英語はもういらない!著者のたたき上げの英会話と洗練されたTESOL(英語教授法)で爆発的に英語を伸ばす!無料サンプル配布中!
www.eigonotsubo.com
ノートテイキングとライティングスキルの決定版
これでつまづく留学生は無数。正規留学、特に大学留学に必要なノートテイキングとライティングのスキルを今すぐに自分の物に!
www.junquito55.com
【TOEIC新形式対応】100アップ・チャレンジプロジェクト
プロの英語コーチが一人ひとりの目標達成のためのプランとその実行を直接サポート。そんなTOEIC対策が格安で受講しよう!
www.english-box.com
「留学会社へのアプローチ」

  現地の会社に完全に委託している形態では、現地の会社は多数の留学会社と提携していると考えても良いでしょう。と、言うことは、複数の留学会社からの留学生が多数存在しているということです。


  そこでまず、以下の点に注意して、留学会社とお話してください。


* あなたが必要であるサポートは可能かどうか
* 日本人スタッフの人数
* 日本人スタッフの現地滞在年数
* その留学会社が送り出した留学生の人数
* 現地でのサポートを行う会社は、正真正銘、その会社の支社なのか完全なる委託なのか。


* 完全な委託と判明した場合、現地で何かあったら誰が責任を取るのか?現地の会社 か それとも その留学会社なのか?


  以上が、気になる点でしょう。最後に「完全な委託と判明した場合」とありますが、まず、留学会社で話をしていても、その点ははぐらかすでしょう。真正面から聞いた方が、良いと思います。


  無駄な駆け引きをするよりかは、正直に、委託なのかどうか、聞いてみるのが良いのではないでしょうか?これは、手段方法ですから、あなたにお任せします。


  あなたは「サポート内容」及び「社員数と留学生数」の話を聞けば、どの程度サポートできるかが分かりますね。これは、単純な人数の比率ですが、もし、留学生の数が、現地の会社よりベラボウに多ければ、万が一の時の時にどう対応してくれるのか気になるところです。


  もちろん、あなたが望むサポートがどういうものかによって判断基準は違ってきます。その会社が提唱しているサポート内容にもよりますが、そのサポート内容によっては、社員より多い留学生の数を本当にさばけるのかどうかは気になるところです。


  また、留学生は一箇所に集中していると言うわけではありません。ワーホリの子はあちこちを転々とすることも多いです。また、それがワーホリの醍醐味でもあります。


  さて、そのような子をどうやってサポートするのでしょうか?もし、その子が旅先や現地サポート場所から遠いところで病気になった時、どのようにサポートしてくれるのでしょうか?


  英語の履歴書の書き方とかは、ネットでチャッチャと調べられますので、特にサポートに入っていなくても大丈夫です。あなたの身の安全の確保が一番です。


  現地で他社と提携していないのなら、かなり、有益です。これは確かです。ぜひ、従業員のことを聞いて欲しいですね。


  留学会社を通して留学する時の注意点です。

* 現地サポート提供先と留学会社の意志の疎通ができているか? 

− お互いに行き来はあるのか?


* 現地サポート会社の規模とサポート提供者の現地での経験度 

 − 大きければそれなりのコネクションを現地に持っていると予測されます。

 − サポート提供者の現地での経験度(滞在期間及び経歴など)で、あなたの海外生活がプラス方向に向かうことが多くあります。


  上記のことを注意し、うまく利用すれば、かなり元を取ることができるのではないでしょうか?


  現地でのコネクションは非常に大事です。コネクションは、どこに行っても大切です。


  もっと詳しく留学会社のことを知りたければ、シドニー留学(ワーキングホリデー)体験記.comでおなじみのなーべろんさんをご紹介いたします。


  現在現役で留学に携わっているので、知識はいつも新鮮です。また、個人的にメールなどさせていただきますが、本当に気さくな方です。


  彼のメルマガはとても真っ直ぐで正直です。私も購読させていただいていますが、現役留学会社の社員が留学会社を斬って良いのか!?ってくらい裏側を暴露されています。

シドニー留学・ワーキングホリデーのススメ

オーストラリアのシドニー留学・ワーキングホリデー情報をNPO法人留学協会認定アドバイザー(RCA)がお送りします。複数の在籍留学コンサルタントが交互に書いていく留学・ワーキングホリデー成功の秘訣。準備から現地生活、英語上達法まで。 

http://mote-ryu.com/recommends/0053/


  ワーキングホリデーとありますが、オーストラリアに留学を考えているなら必読です。現役留学アドバイザーが惜しみなく無料で様々な情報を垂れ流しています (笑)
 ただひたすらに留学生のことを考えているメルマガでございます。


結論

  自分の意志が大事

  留学会社を通しての留学と自力留学ではどちらが良いのでしょう。結論から申し上げます。どちらでも良いです。

  実際のところ、「留学会社に何を求めているか」ここがはっきりしていない方も多いのではないでしょうか?


  留学は『行ってから』が勝負です。留学会社も、一つの手段。また、自力留学も然り。問題はあなたが自分自身で留学を決め、作り上げるというところにあります。


  留学会社から留学行く人には、他人任せ感が出てくる傾向があるようです。留学会社が全くうそ偽りを言っているならば、100%留学会社が悪いでしょう。しかし、この他人任せが、トラブルの原因というのもあるんですよね。


  「手続き代行とサービス代払っているんだから、任せておけば大丈夫」と言う態度では、ダメでしょう。自分が行くんだということを覚えておきましょう。


  そして、留学会社を利用するのならば、留学会社と足並みを揃えてください。何でも任せっきりがダメなんですよ。しっかりと自分の事だと認識してくださいね。

  留学会社のトラブルは → 国民生活センター http://mote-ryu.com/recommends/0054/ 

  留学会社が何でもしてくれるというような、人任せで留学をすること自体が間違っています。お金を払ってサービスを買っているとしても、現地に到着すば、なんら自力留学と変わりないのです。


  自立心と開拓能力であなたの思い通りに留学が進むか、それとも、全く意味のないものになるのかが分かれてきます。


  留学会社は切っ掛けにしか過ぎません。現地ではあなたが主役。留学会社は、あなたの成功へ導くための一つのツールでしかないのです。


  留学会社を通す、自力で留学する問わず、次の点は必ず守ってください。

 1. 安全情報の確保:各国の日本大使館・領事館へ在留届 を提出する。 長期ならなおさらです。ニュージーランドは治安がいいとみなさんおっしゃいます。 脅すわけではないですが、私がニュージーランドに居た時は、アジア人にとって非常に危険な状態でした。


 あなたは、すでに旅行者ではないのです。

 在留届は→ 在留届電子届出システム 「ORR」
http://mote-ryu.com/recommends/0055/
  
注意: 在留届は、現地到着後にしか提出できません。
各大使館にて確認してください。http://mote-ryu.com/recommends/0024/

  2. 海外旅行気分を排除する:旅行と生活をしっかり区別しましょう。 特に日本人は普段着など一般的にこぎれいで派手に見えます。狙われやすいのです。


  できるだけ、現地人と同じような格好をしてください。特に女性は気をつけてく
ださい。

  3. 必ず定期的に家族、友人などと連絡を取っていてください。 メールがこれだけ発達しています。自分がどこで何をしているかを、 定期的に家族・友人に知らせてあげてください。 そうすれば、万が一の時でも、家族は日本大使館・領事館に連絡を取ることができます。


  また、ブログ も簡単に作れるようになりました。日記を掲載することもいいかもしれませんね。日記を掲載することで、あなたを知っている人達は少なくとも安心します。


  フリーメールはYahoo!(http://mote-ryu.com/recommends/0056/)かHotmail(http://mote-ryu.com/recommends/0057/)が一般的ですよね。


  無料ブログはFC2BLOG(http://mote-ryu.com/recommends/0058/)かエキサイトブログ(http://mote-ryu.com/recommends/0059/)が最初はいいのではないでしょうか。Livedoor(http://mote-ryu.com/recommends/0060/)とか。Livedoorは、初心者と言うより、中級と言う感じがします。


 4. 「自分は大丈夫」という意味のない自信は持たないでください。 そういう人ほど危ない目にあいます。
 
 5. 「外国の人はフレンドリー」という先入観は排除してください。 外国人に対して持っているイメージの多くは、「フレンドリー⇒いい人」。海外で被害にあう日本人が後を絶たないのはなぜか考えてください。
 
 6. 長期滞在している日本人もピンきりです。 少し英語ができる人を見ると、「すげぇ〜」と思うかもしれません。しかし、下手をすると、結局、日本人とたむろするだけに終わってしまう可能性があります。 気をつけてください。同じ志を持つ、同志を持ちましょう。
  

  留学会社の無料カウンセリングを利用するだけで、かなり時間節約できます。 あなたが留学会社に話を聞きに行くのには、理由がありました。それを忘れないでくださいね。


  私が本当に留学会社に求めて欲しいのは、自力留学では不安な点です。それは上記に上げた点。安全面です。

  アドバイスとしては、留学会社を通して行くということは、言い方は悪いですが、あなたは現地のコネクションを買うと考えてください。安全性の面でも、あなたに何かあった場合、日本と連絡を取ってくれる人。


  留学会社が現地のサポートとしてこのようなことを提供してくれるかどうか?私はここが一番大事な点だと考えています。
  
  留学斡旋会社の資料を一括請求 http://www.e-ryuugaku.net/ 残念ですがこのサービスは現在行われていないようです 

アルクのおすすめ留学情報・対策本 
http://mote-ryu.com/recommends/0048/ 


  留学ジャーナル http://mote-ryu.com/recommends/0049/ 


  最近はインターネットで留学の手順やビザの取得など調べることができます。 自力で出来ない事はないです。語学学校と直接やり取りも可能でしょう。とにかく始めてみることです。

  迷ったらいつでも http://mote-ryu.com/recommends/0061/から問い合わせフォームでお便り下さい。

特別 オンライン無料セミナーにはもうお申し込みされましたか?
留学を考え始めたばかりの人:
     留学の全貌が見えるようになります!
留学準備をしている人:
       さらにあなたの留学が完璧なものに
                    なるでしょう!
1. 留学の全貌
2. どんな留学があるの?
3. あなたにあった留学形態は?
4. 自力留学 VS 留学会社 その1
5. 自力留学 VS 留学会社 その2
6. 留学の具体的な流れ
お名前
メールアドレス

ページトップに戻る