留学、短期留学、海外留学、語学留学、英語学習、英会話必ず成功させる秘訣がある!

海外安全対策・危機管理マニュアル
海外に出ればあなたは既に犯罪の『的』なのです。体験談を元に書いた「犯罪に巻き込まれることなく、海外を満喫する方法と対処法」
kaigai_anzen
使える英語で留学を制する「英語のツボ」
ネイティブに通じない英語はもういらない!著者のたたき上げの英会話と洗練されたTESOL(英語教授法)で爆発的に英語を伸ばす!無料サンプル配布中!
www.eigonotsubo.com
ノートテイキングとライティングスキルの決定版
これでつまづく留学生は無数。正規留学、特に大学留学に必要なノートテイキングとライティングのスキルを今すぐに自分の物に!
www.junquito55.com
【TOEIC新形式対応】100アップ・チャレンジプロジェクト
プロの英語コーチが一人ひとりの目標達成のためのプランとその実行を直接サポート。そんなTOEIC対策が格安で受講しよう!
www.english-box.com
留学戦略 〜序章〜」を推薦して下さった方々です。

携わってきた留学生の数は3000人を超える
留学会社を一刀両断にする留学生の強い味方
本橋幸夫さんから感想を頂きました。
HP: http://www.rakurakuryugaku.com/
メルマガ: http://www.mag2.com/m/0000134910.html
  〜 あらゆるタイプの留学をされる方に、オススメ 〜

この留学レポート『留学戦略〜序章』は、留学コンサルタントの視点から見ても、これから留学をする人には一読をオススメしたい内容でしたね。

今藤さんは、さすがに留学カウンセラーの経験があるだけに留学生にとって、痒いところに手が届く(?!)内容を書かれています。

レポートを拝読しましたが、今藤さんは、間違いなく、私の言う、”良いカウンセラー”タイプの典型です。

レポートの最初の部分で、「頼れるのは自分だけ」という箇所に黄色でのマーカーがひいてありました。とても大切な部分です。これは読み方によっては、何となく当たり前の表現にも思えるのですが、実は意味が深い(笑)

もちろん、留学先で人に助けられることは実際あります。自分だけでは生きられません。どんな国でも、何事においても、人の助けがあって人は生きていけるのです。

でも、実際、人に助けれられる人は、”まずは自分で頑張っている人””自分で何とかしようとする人”なんですね。そんな人には協力者がつきます。一方、はじめから人の助けを期待している人、人任せな人は、何故か協力してくれる人が少ないものです。

つまり、「頼れるのは自分だけ」という発想が出来る人・覚悟のある人でないと何事も上手く行かないわけです。

最近の多くの留学カウンセラーは、軽いノリで、「行けば何とかなるよ!」と平気でアドバイスするのが実情です。

留学に行って何とかなる人、ならない人は、実際いるのに、です。

いずれにしても、このレポートには、海外へ出る際に必要な航空券のチケットのことから、クレジットカード事情、保険、ネットバンキングに渡るまで、ゼロから留学を考える人にも必要な情報がとても分りやすく解説されています。

特に格安チケットの箇所でも、チケット購入をする際に、注意すべきポイントが書かれていました。そのあたりにも今藤さんの読者へのさりげない気遣いを感じてしまいます。

このレポートは読んでいて、本物だと思う箇所が随所にありますが、保険に関する見方もそれを証明していると思いました。

多くの場合、保険はとりあえず一番安いものに。。。と勧めるカウンセラーが多いなかで、今藤さんはきっぱり”NO”と言っています。

全く同感です。私もこれまで多くの留学生を送るお手伝いをしてきましたが、ある留学生が、この保険を甘く考えてしまったために、日本にある一家があわや破産してしまうほどの事態が生じてしまったケースを見てきました。

それ以来、「学校側が要求しているから、単なる保険だから一番安いものに入ればいいよ!」などと口が裂けても留学生に案内をする気になれません。

留学は予期しないハプニングが突然起こるものです。でも、多くのカウンセラーは、逆のアドバイスをしているのが実情でしょう。

ただ安く済ませることが善だ、というかの如く。

また、このレポートでは、留学業者に関すること、現地オフィスの見分け方、大学、大学院の選び方、その他、知って得することなどなど。

実にさまざまな角度から、まさに留学戦略というだけあって、知っておきたい内容が網羅されていると思いました。

あ、それと、このレポートの効果的なひとつの読み方をご紹介しましょう。

それは、このレポートを、『留学戦略の引き出し』として活用することです。

78ページとボリュームが多いので、一度に、全部頭に入れようとするとたいへんですね。ですから、まず、目次に何が書いてあるかを覚えておく。

つまり、”引き出し”を確認しておくようにします。

そして、それに関して知りたい時期が来たら、その引き出しから該当する項目を見つけ、読み直すという読みかたです。

レポートの内容は、かなり広い範囲に渡っているので、このような『留学戦略の引き出し』的な読み方も良いと思いました。

この留学戦略レポートは、あらゆるタイプの留学をされる方に、私からも、是非、オススメします。

とてもよいレポートを読ませて頂きました。
ありがとうございます!

大学留学を成功させる英文レポート作成のコツ」でおなじみのバークレー大学・Honorsの称号を持つ田宮純子(junquito)さんより感想を頂きました。
HP: http://junquito55.com 
ブログ: http://plaza.rakuten.co.jp/junquito55
メルマガ: http://junquito55.com/magazine.html
  「留学戦略 〜序章〜」、早速読ませていただきました。

これが「序章」ですか。スゴイですね。本章は、どうなるんでしょう???

「英語のツボ」や、メルマガを読ませていただいても同じような事を感じたのですが、今藤さんの情報というか、文章って、読んでて喝入りますよね(笑)

なんていうか、読んでるうちに、内容にそって行動している自分を思い浮かべて、わくわくします。

今回も、頼りない留学志望者に手取り足取り何でも教える、という内容でなく、「ここで聞けば分かるから、自分でいって調べて来い!」的なメッセージが伝わってくるのが良いです。

留学の準備手続きとか、本来なら個人で出来るものなのに、「専門家」が仰々しく「私たちに任せてください」とか宣伝していると、つい任せないと不安になるんですよね。

留学とか旅行関係の業者って、そこら辺の心理を上手くついてますよね。

「1人でやったら、失敗するよ〜、知らないよ〜」
みたいな感じで(笑)

だれかが、「自分でも出来るんだよ」って言ってあげればきっと、多くの人が自分で計画立てていろいろ調べたいと思うようになると思います。

そういう意味では、一番必要な情報が詰まった本ですね。読者が調べるようになってるから、情報も古くならないし、うそもないし(^^)

私は、自分の目や足でオプションを探すのって、全然ダメなんで、留学中も、留学後のインターンも、○○にいたるまで(!)、数え切れないくらい損しています(涙)。

今も、メルカドで売り子と交渉して買い物するより、多少高くても、モダンなスーパーの棚にあるもの選んで、レジで買うタイプですね(^^)

(Junquitoさんはメキシコにおられます。メルカドとはスペイン語でマーケット。

すなわち、先住民の方が作った作物を売っている場所で、俗に言うスーパーは、スーペル・メルカドといいます。)

そういう私でも、読んでいて、「そうだ、海外で立派にやってくんだったら、これくらい行動派にならないとダメだ」って気になったので、モチベーションの高い留学志望者には、かなりのインパクトになると思います。

なんか、感動するポイントがずれてますが(汗)。
(次回の帰国時には、格安チケットさがします。)

スイスに留学されたご経験のある桐嶋亜樹さん。
留学会社にまかせっきりでえらい目に会ったとか。
今では英語の先生としてだけでなく、大人気メルマガの筆者としても有名です。
HP:http://osaka.newseigosalon.com/ 
Blog:http://www.newseigosalon.com/ 
  アメリカ在住の友人、完璧バイリンガルの今藤真大さんからこの新しいEブックを見せていただきました。海外留学を志す人に対してあらゆる情報提供を惜しまない超骨太のガイドマップです。

格安チケットの取り方から始まって、ビザの申請方法、学校の選び方、ネットバンキングのしかたまで、留学に必要な全ての情報が一冊にまとめられています。これから留学を志す方は、必ず目を通しておいたほうがよい情報ばかりです。

実は、当の私が準備不足、情報不足で失敗しています。初めての海外体験で1年間のスクールインターンに応募した際、滞在先のスイスに関する情報不足であとあと苦労しました。

当時、クレジットカードをもっていなかった私は、なんと、トラベラーズチェックで現金約30万円分のスイスフランを持参しただけだったのです。まさに綱渡り状態・・・。

幸い、あちらで知り合った人たちの好意で現金が底をつくことはありませんでしたが(衣食住つきの学校だったので)、よくぞ無事で帰ってこられたものです。

海外への留学にあたっては、いろいろな準備が伴います。それらすべてを斡旋業者任せにするのは得策とはいえません。業者が自社の利益を優先するあまり、留学生に高い料金を請求することがありうるからです。

私の場合も、エージェント経由で契約させられたスイスのドイツ語スクールには不満がありました。おまけに、ビザの申請でもトラブルに見舞われるという始末。

やはり、自分の身は自分で守るという意識を持って知識武装をすべきだと思います。今藤さんの「留学戦略 〜序章〜」には、具体的に何をどうすればいいのか、手取り足取り解説されています。

もちろん、留学業者や学校の見極め方も!これ、すごく大事なことです。信頼できない斡旋業者と契約してしまったり、自分に合わない学校を選んでしまったりしたら悲惨なことになりますから。

留学が成功するかどうかは出発する前のリサーチ力で決まるといってもいいでしょう。膨大な時間とお金を無駄にしないために、このマニュアルを熟読されることをお勧めいたします。とりわけ、アメリカ留学を希望されている方には、ご自身もアメリカで留学生活を経験し、今も現地在住の今藤さんのアドバイスほどありがたいものはないでしょう。

桐嶋亜樹

私と共通点が多いこの方。英語講師歴15年のゴマル・美保さん。ゴマル?そうなんです、ゴマルさんは、スペイン語圏はグァテマラ出身のご主人を持つマルチ・リンガルなのです。そんなゴマルさんから推薦のお言葉を貰いました。
HP:  http://www.eigo-eigo.com/  
メルマガ: http://www.mag2.com/m/0000179992.html
  留学するためには、必要になることは沢山あります。

長期留学となると留学先の学校と滞在先を選ぶだけでなく、ビザの問題や滞在費の送金のことなど確認すべきことはいろいろあって、どこから手をつけていいか分からなくない方も多いのでは?

それに、高いお金を払っていくわけですし、一生のうちに何度も行けるわけでもない。だから、失敗したくないですね。

どこから手をつけていいかわからない方にお薦めなのが、このE-bookです。

特にお薦めの点は、自分で留学に関してどんな情報を、どうやって入手すべきかを示してくれている点です。留学に関する市販の本もたくさんありますが、今の時代、社会情勢の変化も激しく、購入した本の情報が古くなっていることもあります。だから、自分で準備する力を身につけることが一番

留学してからも、自分で問題解決していく力は何よりも大切です。準備段階でその力をつけること自体が、最強の留学準備となるのではないでしょうか。

また、特定の国の情報について書かれているわけでもないので、どの国に留学される方にも役に立つことでしょう。留学準備の書籍などではあまり取り上げられていない国に留学されるにしても、ここで説明されているポイントを抑えながら、情報を集め、準備していけば間違いはないと思います。

ぜひ、このE-bookをガイドに、しっかりと情報収集する力を身につけながら、留学の準備をすすめ、留学生活成功の第一歩としていただきたいと思います。

HP: http://www.kaigairyugaku.net/
メルマガ: http://www.mag2.com/m/0000169366.html
  「今藤さん、今回も力作レポートを読ませていただいてありがとうございます!

留学って、したらどうにかなる、まずは現地に行ってしまえ!という考えの人も結構多いです。でも、それだとものすごく苦労するんですよね。そして苦労だけならまだいいんですが、準備してこなかったことで危険な目に遭うこともある。

簡単に、まずは行ってみましょうと留学斡旋業者に乗せられて現地に行ったものの、その後自分の足でひとりで歩いていくことができなければ意味がないわけです。

今藤さんの『留学戦略〜序章』には、留学前に何をするべきか。それが順を追って書かれています。とかくやることが多くなる留学前。この『留学戦略〜序章』にそって準備を進めることで、時間も費用も節約することができますし、何より留学に向けての心構えができてきます。

「留学戦略 〜自己防衛〜」も必須です。「自分は怖い目に遭わないから」と思い込むのはやめましょう。日本では起こりえないことが日常レベルで起こる可能性があるのが海外生活です。

すべてのレポートが、今藤さんの経験談に基づいて書かれているのでとても説得力があり、いたずらに恐怖心や焦燥感をあおるものではないこともとても好感が持てます。書かれていることを着実に実行していけば、成功する留学へのパスポートを手にしたと言えると思います!

留学斡旋業者の言うことを信じて任せっきりにした結果、会社が倒産して夜逃げ、お金は返ってこなかった上に半年留学開始がのびてしまった私のようにはならないでください(^^;

自分で留学を成功させるために、今藤さんの「留学戦略」シリーズを手元において活用してくださいね!」

特別 オンライン無料セミナーにはもうお申し込みされましたか?
留学を考え始めたばかりの人:
     留学の全貌が見えるようになります!
留学準備をしている人:
       さらにあなたの留学が完璧なものに
                    なるでしょう!
1. 留学の全貌
2. どんな留学があるの?
3. あなたにあった留学形態は?
4. 自力留学 VS 留学会社 その1
5. 自力留学 VS 留学会社 その2
6. 留学の具体的な流れ
お名前
メールアドレス